火山噴火の買収提案-すべての農民に対してもっともらしいシナリオを考慮する必要性

火山噴火の買収提案-すべての農民に対してもっともらしいシナリオを考慮する必要性
2012/8/12(日)13:07 theRealRecovery配布

北島中央部で大規模な火山噴火が発生した場合を想定して、政府は「Vゾーン」を指定し、避難勧告をしました。すべての農場や農家は、引き払われることになります。人々が再びVゾーンに戻ったときのための将来的な計画は何もありません。政府は、最新の評定値でVゾーンの土地の買収を提案することになります。作物保険に加入している農家の人々は、国王に対し保険の給付資格を放棄するでしょう。

その上、保険に加入していない農家の人々は、所有地のRVの50%のみを受け取り、作物が噴火の影響を受けているか否かに関わらず、すべての農作物を失います。
現在土地を休めている、または作物を全く栽培していない農民たちは、所有地のRVの50%のみを受け取ります。
搾乳小屋などの商業用建物を所有する農民たちは、所有地のRVの50%のみを受け取り、商業用建物に対する補償は一切ありません。

これは、カンタベリー地震と同じ規模の自然災害を想定した架空のシナリオで、政府は、「さあ、皆さん移動してください」という姿勢です。

とんでもないですよね?

なぜ、保険の給付を放棄しなければならないのでしょう?

これはカンタベリーで、農地や作物に対してではなく、住宅に対して実際に起こっています。

政府は「レッドゾーン」を設けて、人々にこう指示しています:

1. 保険の給付資格を放棄すること
2. 無保険の土地、商業用地、裸地の所有者は、所有地の時価の一部を受け取ること

不公平で、権利は無視され、全く理にかなっていません!

非人道的で不道徳かつ非倫理的です。

あなたはそれに、立ち向かいますか?