オーストラリアの真の自主的な買い戻し案は、時価に基づく-世界基準

オーストラリアの真の自主的な買い戻し案は、時価に基づく-世界基準
2012/8/1(水)12:29 theRealRecovery配布

オーストラリアビクトリア州にある小さな村ベンジェロープは、2011年初頭に洪水により浸水しました。ビクトリア州政府は、最も被害の大きい土地所有者たちに、自主的な買戻しを提案することを決定しました。

「ロッドン川下流灌漑復旧パッケージのもと、農家の人々たちは、乾燥農地への移動に対する補償、洪水前の時価での買い取り、生活するための寄付金を受けて、住宅を守ることができます」とABCニュースは報じます。

買い戻し価格が、洪水前の時価であることに注目してください。これに比べて、カンタベリーのレッドゾーンには評定値が提供され、多くの場合、震災前の時価を下回っています。

ベンジェロープの買い戻しは、洪水により最も深刻な被害を受けた土地に提案されました。これには、保険に関する条件はありません。

ビクトリア州の水資源大臣ピーター·ウォルシュは、こう述べました。「この地域の住民全員は、家屋やすぐ隣にある小屋の周りにそれぞれ堤防を設置するために、30.000ドルの助成金が提案されます」

これを、CERAの暗黙の脅迫と比べてください。「レッドゾーン」に滞在を希望する人たちは、水道、電力、その他の公益施設を遮断されてしまいます。

詳細は、こちらをご覧ください:
http://www.abc.net.au/local/stories/2011/09/27/3326837.htm
http://www.thenortherntimes.com.au/news/local/news/general/valuations-bu...
http://www.abc.net.au/news/2011-07-01/benjeroop-residents-reject-buyback...