正義に対する嫌悪感を正すために直ちに訴訟

Cera Realty- We Buy Houses at steep discounts!

正義に対する嫌悪感を正すために直ちに訴訟
2012/9/13(木)12:30 theRealRecovery配布

2012/9/13
クライストチャーチ、ニュージーランド-
政府は、地震による被災住宅の所有者たちに、ひどい仕打ちをしています。始めにレッドゾーンを設けて復興を妨害した後、今度はピーナッツと引き換えに土地を没収しています。残留することを希望している住民は、当局によって電力と水道を遮断されます。

保険は、補償問題をうやむやにするための誤魔化しとなっています。

任意の土地をカバーする保険の加入は、法的要件ではありません。政府による土地の没収は、既存の法律で十分に規制されていて、この実例も例外ではありません。高速道路建設のために誰かの土地を没収する場合、その所有者は、保険に関わらず完全に補償されます。

オーストラリアでは、洪水が発生した土地に建てられた家屋は、保険に関わらず、洪水前の時価で州や地方政府が買い戻します。

ニュージーランド政府は、この問題について被災した住宅所有者たちと話し合うことを、繰り返し拒んでいます。2012年9月13日に発表された内容は、政府の好戦的かつ悪意をさらに示しています。地震の被災者たちは、この問題を法廷に持ち出すでしょう。

カンタベリー震災復興担当大臣ゲリー·ブラウンリーは、2012年9月13日、レッドゾーンにあるいくつかの家屋を、政府が土地査定額の50%で買い取る提案を発表しました。被災した住宅の所有者の多くにとって、この提案は住宅の資産価値のわずか7分の1ほどです。